FX 貿易収支

日本国内でも、目本の景気回復が鮮明になってからはMI¥的暖和解除をめぐって「政府VS日銀」のけん制FX 貿易収支発言が続いています。あるいは、ユーロが。時期急上昇した時にも「柔軟な為替相場が必要」というような言葉でユーロ高をけん制した時期がありました。

基本的に、証拠金取引では、外貨を円高時に買い、円安時に売ることで利益を得ます。しかし、「外貨」には別の活用方法もあります。銀行より断然おトクに外貨を入手!「外貨」の「現受け」「外貨」には、個人の顧客だけでなく、多くの法人の顧客がいます。

近年の例で見ても、外交では中国や中東・アフリカ諸国との関係悪化、内政ではアメリカの財政危機やギリシャの財政難が為替レートを下げる悪材料となりましたが、この2つはどの国の為咎レートにも、大きく影響します。

米国の貿易収支は、ひと昔前なら市場参加者の間で最も注目された数字だった。日米貿易摩擦という言葉もあったぐらいで、特に日本が抱えている巨額の貿易黒字、対して米国が抱えている巨額の対日貿易赤字が「貿易不均衡」ということで槍玉にあげられ、為替レートを大きく動かすこともあった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>